風俗でお金を使いすぎた!

綺麗さと可愛さは共存します

綺麗さと可愛さ。それらは対極にあるって思っていましたけど、案外共存できるものだなって。それを前回の風俗嬢から教わりました。別に理屈で説明されたとかではなくて、彼女自身が可愛くもあり、綺麗でもある風俗嬢だったんですよね。だからこっちのテンションもかなり高まりましたし、彼女を見ているだけで勝手に自分のモチベーションも高くなりました。やっぱり風俗って相手にどれだけモチベーションが高まるかにかかっていると思うんですよね。気持ちって言うか、どんな気持ちで向き合うのかによって、満足度も全然違ってくるじゃないですか。だから彼女のように可愛くもあり、綺麗でもある風俗嬢との時間は想像以上に充実したものになったんじゃないかなって思っています。それに、改めてやっぱり風俗って素晴らしい世界だなってことにも気付かされたような気がするので、本当にありがたいですよ(笑)こうしていろいろな価値観に気付かされるのも魅力の一つかなって思いますし。

好みの問題は細かくあると思う

「好みの風俗嬢」と言っても、いろんなタイプや好みがあると思うので、人それぞれ違うと思いますし、何が正解で何が間違っているのかと言った問題ではないんですよね。それぞれの正解を楽しめばよい。それが風俗だと思うんですけど、自分が風俗でもっとも気になる部分はバストです。大きさではなくて乳首ですね。どんな乳首をしているのかによって、こちらの印象やプレイへのモチベーションが大きく変わるインです。綺麗な乳首をしていると透明感のおかげで勝手にこちらの気分も盛り上がってきますし、敏感なボディであれば攻めたいなって気持ちにもなります。こうしていろんなことを考えられるからこそ、風俗は自分のこだわりを持つことが大切なんじゃないですかね。快感を受け身で楽しむだけではなくて、自分なりにもっともっといろんなことを楽しみたいって思うのもありなんじゃないかなって思うので、風俗は好みを明確にすることもまた、大切なんじゃないのかなって。